FC2ブログ

花びら……






『今日は……どうして欲しい?』





『ご主人様の気が済むまで
奴隷の身体を遣ってください』






言葉のやり取りだけでなど
反応する……私では無かったのに





ご主人様と
逢える日までのLINEの文字に




欲情してしまう。







それは








目から文字を
読み取っているけれど







私には
耳元で囁かれていると




感じているから…………








『ご主人様……耳を
強く……噛んでください……』





私のスイッチは…………耳






一週間…………
噛まれた痛みが薄れる頃に






また……噛んでもらう




痛みが……繋がりを
実感させてくれる…………







拘束され、視界を奪われる……




『これは……何かな?』





ピタピタと……
冷たく硬い感触が
一番敏感な突起物を刺激する……




『と、特大……浣腸器です』



言いながら
腰を……振る…………




『イヤらしい……なぁ。
恥ずかしくないのか??』




はっ!と
我にかえる…………




愛する男性の目の前で
あり得ない格好で、自慰をする




恥ずかしさで
全身が熱くなる…………




『じゃあ、次は……これ。
なんだか、わかるか?』




さっきのガラスとは異なる感触



プラスチックのような
硬さ……




『ぐ、グリ……セリン……原液、です』




アナルさえ
ヒクついているのが……わかる



グリセリン原液という言葉だけで
反応する身体を
面白がるように…………撫でる



『今日は、コレも使おう』




カチカチという音がした





ポタッと
熱い滴が……胸に刺さる



それは次々と
休むことなく上半身を襲う



『熱い!熱い!』



柔らかな皮膚に刺さる
熱さは……




毛穴から入り込み
脳へ司令を流す







『この痛みが……一番好きだろ?』





その司令が届くと同時に






叫び声は
喘ぎ声に…………かわる。





『熱い……』









『もっと……もっと……』





の、偽弁






拘束から解かれ






身体を冷やすために
出口から特大浣腸器で最高級の
浣腸液を今回も味わう…………




身体は……
冷えるわけがなく




欲情する他になかった




一番敏感な突起物めがけ
熱い滴を垂らす



淫汁が溢れ出るのは
冷やそうとしてなのか…………


それとも…………






全身に薔薇の花びらを
まとった私は、






ベットに倒れ混み
ご主人様に生けられる…………




太くて硬い
1本の剣山は……





花が一番、綺麗に咲き
散る瞬間を堪能する






花は…………
剣山を一番奥まで挿し入れたくて



求め続ける





ひとつ、ふたつ……と




花びらが散るなかで





逝き果てても……尚




求め続ける……






『こんな……淫乱な女……
呆れるでしょ?』




ご主人様は……
笑って抱き締めてくれる






白いシーツ一面に
私から散り堕ちた赤い花びら…………




とても…………
綺麗で……





また…………
欲情してしまった……













スポンサーサイト
[PR]

5 Comments

美月  

マリーさん

すごく官能的な描写!
読んでいて興奮してしまいました。
まるで私がされているかのように・・・

グリセリン原液って聞いただけで
反応してしまうのですね。
そんな身体になってしまったマリーさんが素敵♪

2017/06/09 (Fri) 08:36 | REPLY |   

天  

ろうそくプレイをここまで綺麗に描写してるの、初めて見たかも知れないです。
お互いの愛情が伝わってきて好きです。
お幸せにー♪←

2017/06/09 (Fri) 21:46 | REPLY |   

マリピチュ  

天さん


コメントありがとうございます。
書くのが好きな私にとって
書いたものを好んで頂けたり
褒めて頂ける事は……とても嬉しいです。

また、遊びに来てくださいね。
お待ちしております。

2017/06/09 (Fri) 22:23 | REPLY |   

マリピチュ  

美月さん


毎回なのですが……
ご調教の内容が断片的しか思い出せず
満足できてないのですが(笑)


今回は……シーツ一面の蝋燭が
本当に薔薇の花びらに見えて
とても綺麗だったんですよ……

それを書きたかったんです。
伝わって……嬉しいです(///ω///)♪

2017/06/09 (Fri) 22:26 | REPLY |   

慎太郎  

それは愛撫

文字や言葉から愛撫は、始まっていますからね。
そこから感じることが出来る女性が、僕は好きです。
逢えない間、そのような愛撫を続けて、逢った時には既に心の中も身体も大変なことになっている。
指先を触れただけで、逝っちゃうしかないですよね。

2017/06/10 (Sat) 19:29 | EDIT | REPLY |   

Post a comment