FC2ブログ

反省



ブログを削除した理由……



彼と私には……お互いの存在がわかっている
出逢い系サイトがあります。

私は……そのサイトを利用して
8年くらいは経ちます。
当初は……出逢い目的でしたが、途中から
日記を書くことがメインになりました。

当初からの日記はありませんが、現在
700件を超える日記があります。

彼の利用理由は……
私の日記を読んでくれるためと、思っていました。


ある日……
そのサイト経由で女性からメールが届きました。

内容は……
気になる男性が居てプロフィールを見たら
仲良し女性に貴女の名前があったので、お付きあいしてる方
なのか、聞きたい。

という物でした。

私は……
彼にそのメールを添付して、返信したらいいのか……
聞きました。
彼からの返信は……
『私のご主人様に、ちょっかい出さないで』
と、送信しなさい!との指示でした。


その二日後……
同じ女性から長文のサイトメールが複数
送られてきました。

内容は……
彼と彼女との、やり取りメールでした。
お互いの性癖を語り合い……
彼から会うアプローチをしていました。

彼女は……どうしても私の存在が気になるらしく
彼に私との関係性を問いていました。
彼は、その質問に
『マリーさんとは、遊びではなく大切な僕の奴隷』
と記載していました。

彼女は……彼とのやり取りの最後に

『マリーさん、この男は……貴女が信じて着いていく
価値なんてありませんよ。きっと同じ事を繰り返します』

と、ありました。

私の中で……彼とのこれまでが
音を立てて崩れ、その勢いでblogも削除したのです。

この件で……彼とLINEでしたが(日曜日だったので)
話し合いました。
もちろん、全面的に自分の非を認め……謝罪をしてくれました。

そして、その週に逢った時……
お花を初めてくれました。

20170305080300c2e.jpg 

しかし……彼は……また同じ事を繰り返しました。

今度は、私が逢いたくても逢えないと
思っていた土日に待合せ時間を設定していたのです。

差出人の名前は……前回の女性とは
変わっていましたが、同一人物だとわかりました。

結局、彼女からのドタキャンの連絡があり
彼が……その事に怒ることなく、次回の会う約束を
取り付けようとしているメールで終わっていました。

彼には、この他に……
送り主が男であると分かる文面で
『マリーを俺から奪ったくせに、こうやってマリーを
裏切るなんて。』
という主旨のメールが最後だったらしいです。

2週に渡り……彼の真の姿を見せつけられ
返す言葉も見つかりませんでした。

『多頭飼い』

この事実を受け入れる覚悟が
私には、持ち合わせていませんでした。

一人…………泣く涙も出ず
ただ、冷静に考えようと……

腹が立ちました。
哀しかった。

でも、私には
それ以上に……彼の哀しい表情を見た瞬間が
思い出されるのです。

あの表情を見ていなかったら
もっと前に……離れていたでしょう。

『何があっても、彼を好きでいよう
愛されなくても、愛し続けよう』

その想いが……溢れてくるのです。


いつもは、逢わない仕事終わりの一時間。
彼は……ケーキ持参。

車内で……詳細を語り、また謝罪。

そして…………

『マリー以上のM嬢は……俺には存在しないのは
わかってるんだ。でも、衝動を抑える事も出来ない。
今後も、マリーを悲しませるかもしれない。
二度としない!という約束は……出来ないから。』

そう告げられました。

彼は……悪くない。
こういう彼を好きになり、愛したのは……私。

彼を……私だけに縛り付ける事なんて
なんの解決にもならない……

そう感じました。

そして……
その二日後……

『この前のは、生花で枯れちゃうから
今回は……枯れないお花を……』

201703050804563ef.jpg 

私の日記……読んでくれてる証し?
それとも、たまたま?

そんな思いを胸にしまって

『ありがとう』

と、彼を笑顔で見上げました。








スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/06 (Mon) 21:01 | REPLY |   

ぴぃ  

ブログ閉鎖はそんな経緯があったのですね(T_T)

多頭飼い・・・

してみたいと思う男の心理も分かります。

でも、受け止めるmが居ないと絶対出来ない事由

狩りに出ない男は居ないとぴぃは思ってるけど
狩場は・・・遠くであってほしいって事です|ω・`)

でも、マリーさんの主の決意

同じ事を繰り返すかも知れないと断言した上での

2度と枯れる事の無いブリザードフラワー

そのお花と共にマリーさんが主の元で枯れること無く居れたら良いですね((( *´꒳`* )))

ぴぃ的には・・・
阪神ファンなのでその帽子も気になっちゃいました(笑)

2017/03/07 (Tue) 03:22 | REPLY |   

美月  

(T_T)

マリーさん、
朝からもらい泣きしています。

わかりますよ。
マリーさんの苦悩も。
ご主人様の衝動も。

私も理解はしていながら許せなくなる事が多々あり、
何度切ろうと思った事か。
そう思いながらも、
それでも傍にいたいという想いとの闘いの日々。

マリーさんのご主人様は正直な方だと思いますよ。
『マリーさんとは、遊びではなく大切な僕の奴隷』
・・・・・そう伝えてくださっただけで、
私はご主人様のマリーさんへの特別な愛を感じましたよ。
きっと大切なマリーさんには
「男の浮気」を認めてもらいたいのだと思います。
男性ってそういうモノなのだと思います。

もっとも私も、読んでいる時は冷静にそう思うけれど
自分に降りかかったら、やっぱりそうは言っていられないのが
悲しいオンナの性だと思いますが。

でもお花も嬉しいですね。
ご主人様からの精一杯の気持ちなんでしょうね。
愛されている事に間違いはないです。
これからも愚痴を吐きあって頑張りましょうね!

2017/03/08 (Wed) 07:04 | REPLY |   

佳音  

殿方の性を許しつつ 小さな手の内に包み込んでしまえるか、自身が壊れることのないよう
都度 心のバランスを確かめてあげてくださいね。

この先も 色々なお二人の間のエピソードが重ねられてゆくと思います
ひとつだけ 
その彼女は 同じ土俵に乗る方ではありませんよ。^^
委ねたいと思える異性のマイナス面を、捨て台詞で告げるようでは 意中の男の心は奪えません。覚悟がない方なので、放って置いたら如何ですか。

ですので マリーさんが彼女の言葉に翻弄されて、傷付いたり 大切な場所を消す必要はまったくないかと思います。

2017/03/08 (Wed) 07:51 | REPLY |   

Post a comment